MENU

乾燥肌は肌の薄さが原因?

乾燥肌で悩んでいる方の中には、もともとお肌が薄いために敏感肌になっているケースがあります。
皮膚の厚さには個人差がありますが、体型などに左右されるものではなく、遺伝で決まるものです。両親や祖父母に敏感肌の方がいらっしゃる場合に遺伝で、というのはこの皮膚の厚さが関係している場合もあります。

 

皮膚の厚さは見ただけではわかりませんが、皮膚の薄い方はお肌のキメが細かい、体調や寒さなどの影響が出やすく、特に目元や口元などは見た目上の変化が出やすいといった特徴があります。
赤ちゃんのお肌は透明感があってとてもキレイですが、刺激に弱いのでお肌につけるものには気を遣いますよね。皮膚が薄い方にも同じことが言えるのです。

 

皮膚が薄くてお肌が弱くなるなら、皮膚を厚くする方法は無いの?と思うかもしれませんが、今のところ有効な手段は見つかっていません。
では、皮膚が薄い敏感肌の方はどういった対策をしていけばいいのでしょうか?

 

皮膚が薄いということは、お肌が本来持つバリア機能も人より弱いということになります。
ですので、保湿ケアに加えてバリア機能を補うようなケアをすると外部からの刺激をある程度防ぐことができます。
バリア機能を補うためには、膜形成技術でお肌を守ってくれるような化粧品を使用したり、オイルやクリームなど油性の保湿を行うといったケアが有効です。

 

また、皮膚が厚い人でも年齢とともに新しい皮膚を作る力が弱まり、皮膚が薄くなっていきます。
年齢とともにお肌にトラブルが出てくるのはこのためで、年齢を重ねたことによるお肌の悩みも同じ対処法で改善が見られる場合があります。