MENU

乾燥肌だと肌荒れしやすい理由

ニキビなど肌荒れが起こりやすい人は、自分がどういう肌質なのか把握しているでしょうか。おそらくニキビができやすい肌荒れしやすい自分の肌質は、脂性肌だと思っている方が多いのではないでしょうか。

 

もちろんニキビができる原因は雑菌の繁殖であり、雑菌のえさは人間の皮脂ですから、それも一理あるのです。思春期にできるニキビの場合は、皮脂の分泌が良すぎるために起こる脂性肌が原因です。しかし、実は大人になってからできるニキビは脂性肌でなく、乾燥肌が原因となっていることが多いのです。

 

一件乾燥肌とニキビは結びつきにくいかもしれませんが、乾燥肌とは肌の水分が足りない状態の肌ですね。肌の水分が足りないため、肌を保護しようとしてどんどん皮脂が分泌されるのです。ですから、見た目は脂性でその下は乾燥しているというインナードライの状態になっている方が多いようです。

 

肌荒れを気にして、化粧水はつけても乳液などは極力つけない方がたくさんいます。しかし、乳液やクリームでふたをしないと、せっかく補った水分が蒸発してしまい、保湿が何の意味もなくなってしまいます。自分は肌荒れしやすいと感じるのなら、ぜひ化粧水はたっぷりつけ、乳液やクリームでしっかりふたをする習慣をつけましょう。