MENU

乾燥肌の人に人気!手作り化粧水って?

今、お肌の乾燥が気になる方の間で話題になっている手作り化粧水。
余計なものを入れないのでお肌に優しく、作るのも簡単なので多くの人が試しているようです。
化粧水に使用するのはグリセリンというもので、これは優れた保湿力を持つことから化粧品などにも使われています。
このグリセリンと精製水、尿素などを混ぜて作るのが手作り化粧水です。

 

グリセリンとお水だけで作るシンプルなものでも効果がありますし、尿素を加えればよりお肌を柔らかくしてくれます。
消毒した容器に材料を入れて混ぜるだけで出来上がりますが、その際グリセリンの濃度は10%を超えないように注意しましょう。
グリセリンの濃度が高すぎると、グリセリンがお肌の水分まで吸着してしまいかえって乾燥してしまいます。

 

グリセリンのみのシンプルなものを作る場合は、水95ccに対しグリセリン5ccで混ぜ、物足りなければ少しずつ様子を見ながら量を調節しましょう。
尿素も入れる場合は水100ccに尿素を小さじ1/2杯、グリセリン小さじ1杯を加えてよく混ぜます。
水は精製水を使うのが基本ですが、飲めるお水なら何でもよいので水道水でもOK。
むしろ、保存状態が心配な場合は塩素が含まれている水道水の方が安心です。
水道水を使用したくない場合は、無水エタノールを加える方法もありますので、そちらもオススメです。

 

手作り化粧水には当然ながら防腐剤が含まれていないので、早めに使い切る必要があります。
エタノールを加えて冷蔵庫で保管した場合でも、10日間くらいで使い切ることを心がけましょう。