MENU

乾燥肌にオススメの日焼け止めは?

お肌が乾燥しやすい方は、同時に敏感肌であることも多いですよね。
乾燥肌と言うと冬に苦労するイメージがありますが、もう1つ気を付けたいのが夏の紫外線ケアです。
紫外線ケアと言えば日焼け止めを塗るのが一般的ですが、どのような日焼け止めを使うか悩んでしまったことはありませんか?
乾燥肌、敏感肌の方にオススメできる日焼け止めとは一体どんなものなのでしょうか?

 

日焼け止めには大きく分けて2種類あり、紫外線散乱剤を使ったものと、紫外線吸収剤を使ったものがあります。
紫外線散乱剤はその名の通り紫外線を跳ね返すことで肌への侵入を防ぐもの、紫外線吸収剤は紫外線を吸収することで肌への侵入を防ぐ仕組みになっています。

 

一般的に肌なじみがよい日焼け止めクリームやジェルには紫外線吸収剤が使用されています。
紫外線吸収剤自体が肌によくなじむので、手軽に使えるのが特徴です。ただ、紫外線吸収剤は紫外線を吸収して熱エネルギーに変換する物質なのですが、その化学反応がお肌に大きな負担を与えてしまいます。
ですので、日焼け止めを塗る前にクリームなどを塗り、直接肌に触れないようにするなどの工夫が必要になります。
また、最近では紫外線吸収剤をマイクロカプセルに閉じ込める方法を使っているものもあるので、そちらを使うと良いでしょう。

 

一方、紫外線散乱剤を使用しているものはノンケミカルなどのお肌に優しいものがほとんどですが、これはお肌への負担が少ない分、紫外線を跳ね返す効果があまり持たないという短所があります。
たびたびお化粧直しが行える場合はいいのですが、そうでない場合はこちらを選ぶとUV効果に不安が残ってしまいます。