MENU

乾燥肌に効果がある内服薬とは

デリケートな乾燥肌の方は、内服薬による対策も必要になってくるでしょう。外側からの保湿ももちろん大切ですが、内側からもケアすることが大切なポイントなのです。ではどのような内服薬をとればいいのでしょうか。

 

基本的に皮膚科などで乾燥肌に対して内服薬が処方されることはありませんが、乾燥による肌荒れを起こしている場合はビタミンB2やビタミンB6などのビタミン類が処方されます。どちらも肌の粘膜に働きかける効果があるので、美肌のためには重要な成分です。その他、亜鉛やビオチンなども摂取する必要があることを知っておきましょう。

 

乾燥肌が酷い方はかゆみを起こしている方もいるでしょう。このような場合は抗アレルギー剤を内服することになるでしょう。乾燥に効果のある漢方薬などもあるようです。とにかく、乾燥による湿疹で肌をかきむしったりして症状を悪化させてしまわないように注意しましょう。

 

乾燥肌はサプリメントなどで対策をとる方法もありますが、症状が良くならない場合は、やはりきちんと病院で診てもらうようにしましょう。自己判断で薬を選ぶのも良くありません。医者に相談したほうが、適切な薬やアドバイスを受けることが出来るでしょう。