MENU

魚料理には乾燥肌をケアする効果がある

乾燥肌をケアするために、魚からコラーゲンを摂取すると効果的です。カレイやマグロなどを煮込む場合には、ゼラチン状の煮こごりとなります。煮こごりはコラーゲンの宝庫で、乾燥肌を保護する潤い成分として極めて大切です。潤い成分の枯渇を避けることは健全な食の根本となり、何よりも自分の体のために役立ちます。

 

魚を食べるときには、ビタミンCも同時に摂取することが大切です。コラーゲンはビタミンCの助けがなければ生成できないため、魚の煮込み料理を作る場合にはジャガイモや里芋を入れることがおすすめです。芋類には熱に強いビタミンCが豊富なわけは、デンプンによって強力に守られているからです。イカとジャガイモの煮物はコラーゲンやタウリンを同時に摂取するために最適で、乾燥肌を改善させる栄養を余すことなく摂取できます。

 

魚料理を食べるときには、皮も積極的に食べたほうがコラーゲンを多く摂取できます。コラーゲンは皮のまわりや、軟骨に多く含まれています。皮や骨が硬くて食べにくい場合には、圧力鍋を使ってトロトロになるまで煮込めば効果的です。

 

鮭の水煮缶もコラーゲンの宝庫で、料理で使いやすくて便利です。メザシは丸ごと食べるとタンパク質やカルシウムも大量に摂取できて、丈夫な皮膚を作るために役立ちます。